グリーン・トランスフォーメーション推進を
着実に推進するGXアドバイザリサービス

サステナビリティ業務の効率化も、GXに向けたデータ活用支援も
伊藤忠テクノソリューションズにお任せください
GX・サステナビリティ推進の
支援事例がわかる資料を公開
スライドショー_01
スライドショー_02
スライドショー_03

グリーン・トランスフォーメーション(GX)とは

2050年までに温室効果ガス(Greenhouse Gas:GHG)の排出を
全体としてゼロにすることを目指すカーボンニュートラル。
グリーン・トランスフォーメーション(GX)とは、カーボンニュートラル社会へ速やかに移行するための
経済社会システム全体における変革を意味します。

カーボンニュートラルの実現を目指す政府は、
経済と環境の好循環を促す産業政策「グリーン成長戦略」を発表しました。
脱炭素に向けた取り組みが企業の成長機会と捉えられる今、GXの重要性が高まっています。

GX・サステナビリティ推進で
こんな課題はありませんか?

サプライチェーンデータの
管理が複雑で

活用できていない
サステナビリティデータの
収集や開示業務を
効率化したい
脱炭素に向けた中長期的な
施策立案・評価を
プロに依頼したい

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)の
GXアドバイザリサービスにお任せください

私たち伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)のGXアドバイザリサービスは、
GX・サステナビリティ領域における業務のボトルネックの特定から、課題の分析、業務プロセスの再構築、ITソリューションの導入、
データに基づいた施策立案・評価まで伴走支援します。
01

GX推進における経験豊富な専門チームによるプロジェクト・ワークショップ支援

CTCの経験豊富な専門チームが、GX・サステナビリティ領域における業務プロセスの効率化や、サプライチェーンデータ収集、戦略的なデータ活用などを幅広くサポートします。

GXのノウハウを必要としているお客様にはGXリテラシー向上に貢献する勉強会・ワークショップを提供し、知識の定着と意識の向上に貢献します。
サービス01
サービス02
02

CTCが築いてきたDXの支援体制でGX推進に向けたデータ活用を促進

システム開発に精通したCTCのDX専門チームがGX・サステナビリティ領域のデータ収集や活用基盤の構築を行います。

サプライチェーンにおける膨大かつ煩雑なデータも容易に収集・管理できる基盤を構築。GX・サステナビリティ推進に不可欠なデータ活用を、オペレーション面の整備や適切なITソリューションの導入で効率化し、経営戦略と連動した施策の実現につなげます。

03

再生可能エネルギー、材料設計、CAEをはじめとするシミュレーションのプロが戦略的な施策立案・設計・評価をサポート

CTCの高度なシミュレーション技術と、GX・サステナビリティ領域における専門家のノウハウを活かし、温室効果ガス削減に向けた施策の立案から設計・評価までサポートします。

再生可能エネルギーの導入検討や、材料設計の見直しによる軽量化の支援などで、施策実行前の意思決定をアシスト。CTCグループの総合力とパートナーシップによる付加価値の提供、科学システム本部のシミュレーション技術で、お客様のGX・サステナビリティ推進に大きく貢献します。
サービス03

GX・サステナビリティ業務を改善し
競争力を強化しませんか?

GX推進のポイントと支援事例が分かる資料を公開

GXソリューションマップ

経営企画部門(戦略策定) | カーボンニュートラル対応経営

情報開示/GHG可視化

TCFD、ISSB、CDP対応
改正省エネ法対応

GX戦略の策定

事業計画/エネルギー戦略
RE100・SBTiへの参加

環境価値取引

カーボンオフセット
カーボンプライシング対応

事業・拠点部門(施策実施) | GHG削減・GX事業創出

Scope1

脱炭素燃料の技術開発

燃料転換・水素活用に係る
技術研究開発の支援
Scope2

再エネ導入・活用

再エネ事業開発支援
再エネ・電力需要予測
Scope3

カーボンフットプリント・
トレーサビリティ

製品単位のGHG管理
材料等のトレーサビリティ管理

生産/事業プロセス改善

最適化シミュレーション
EV転換・活用支援

グリーン電力調達

再エネアグリゲーション/証書購入
コーポレートPPA支援

調達・配送・廃棄の効率化

輸配送における
最適化シミュレーション

設備利用の効率化

エネルギー利用データプラットフォーム構築・運用
設備の予知保全ソリューション/蓄電池活用支援

材料リサイクル・
燃料バリューチェーン

材料設計ソリューション
MI支援プラットフォーム
Scope1

脱炭素燃料の技術開発

燃料転換・水素活用に係る
技術研究開発の支援

生産/事業プロセス改善

最適化シミュレーション
EV転換・活用支援

設備利用の効率化

エネルギー利用データプラットフォーム構築・運用
設備の予知保全ソリューション/蓄電池活用支援
Scope2

再エネ導入・活用

再エネ開発FS/DD
再エネ・電力需要予測

グリーン電力調達

再エネアグリゲーション/証書購入
コーポレートPPA支援

設備利用の効率化

エネルギー利用データプラットフォーム構築・運用
設備の予知保全ソリューション/蓄電池活用支援
Scope3

カーボンフットプリント・
トレーサビリティ

製品単位のGHG管理
材料等のトレーサビリティ管理

調達・配送・廃棄の効率化

輸配送における
最適化シミュレーション

材料リサイクル・
燃料バリューチェーン

材料設計ソリューション
MI支援プラットフォーム
※1:PPA:Power Purchase Agreement(電力販売契約)
※2:MI:マテリアルズ・インフォマティクス

GXアドバイザリサービスの支援内容

GX・サステナビリティ領域における業務要件の整理からITツール導入、脱炭素移行計画策定まで支援いたします。
支援内容_01

GX推進とサステナビリティ業務の
要件整理・効率化

GX推進とサステナビリティ業務に関する課題を特定し、業務プロセスを再構築して効率化します。
支援内容_02

GHG可視化・ESGデータ活用ツールの
導入サポート

GHG可視化ツールとESGデータ活用ツールを、機能と非機能の観点で評価。貴社の要件に沿ったツールを選定し、導入から運用まで支援します。
支援内容_03

脱炭素の実現に向けた
施策立案と移行計画の支援

再生可能エネルギー、材料設計、CAEの分野におけるCTCの高度なシミュレーション技術を駆使し、脱炭素に向けた施策立案や移行計画につながる評価・分析を行います。

GX・サステナビリティ業務を改善し
競争力を強化しませんか?

GX推進のポイントと支援事例が分かる資料を公開

GXアドバイザリサービスの進め方

現状把握

icon_01

 

サステナビリティ情報の開示と関連するデータの収集・状況把握 

矢印アイコン

貴社の開示方針・
既存業務プロセス

課題分析

icon_02
  •  

①サステナビリティ業務における課題の抽出

②解決すべき課題の優先順位の検討

  •  
矢印アイコン

開示ルール・課題

業務設計

icon_03

 

 

①情報開示方針の明確化と開示要件の整理

②開示ルールの作成と文章化

③課題に即した業務プロセスの設計と可視化

矢印アイコン

新規業務プロセス

IT活用検討

icon_04

 

 

①炭素会計・ESGデータ管理システムの導入

②データ収集・活用基盤の構築

 

 

矢印アイコン

ツール機能強化

GXアドバイザリサービスの支援事例

【大企業A社様】ESGデータドリブン経営の推進をご支援

case_01
導入背景

A社様には、ESG*データドリブン経営を推進するにあたって、社内に散在するデータを集中的に管理し、効果的に活用したいという課題がありました。また、社内外のステークホルダーへのESG情報開示を効率化したいという意向がありました。

支援内容

CTCは、プロジェクト推進の支援とESGデータの一元管理および業務プロセスの整理から着手し、ESGデータの収集・活用に必要なシステムの基盤構築とツールの開発を行い、A社様のESGデータドリブン経営の推進に必要なデータ基盤構築を支援しました。

*ESG:環境(Environment)」「社会(Social)」「ガバナンス(Governance)」の頭文字を取ったもの。

【大企業B社様】サステナビリティ経営の推進をご支援

case_02
導入背景

B社様は、毎年項目が変わる環境データをMicrosoft Excelで管理しており、ご担当者様のデータ精査の負担が膨大化していました。また、CDP*などの外部評価機関への対応や、過年度比較などのデータの可視化・分析に注力したいという意向がありました。

支援内容

CTCは、B社様の大規模な拠点に散在する環境データを一元化するプロジェクトにおいて、業務プロセスやシステムの要件整理、ツールの選定から伴走して支援しました。また、収集した環境データを活用した具体的な施策立案においても、B社様のサステナビリティ経営の推進を支援しています。

*CDP:「Carbon Disclosure Project」の略称だったが、現在はCDPが正式名称となっている。

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)とは?

伊藤忠テクノソリューションズ(略称CTC)科学システム本部は、コンピュータが科学・工学分野で利用され始めた黎明期から、
日本の技術者・研究者の皆様と共に歩んでまいりました。より高速な計算、より高度な解析、より深い識見を追及してきた60年。

私たちは日本のあらゆる産業におけるGX推進をはじめとする、
社会を取り巻く様々な課題を、 高い専門性と解析・シミュレーション技術で解決していきます。

伊藤忠テクノソリューションズが持つテクノロジー

simulation ai analytics IT MI
多彩なテクノロジー データによる予測 理論とデータに
よる知識の発見
Simulation/AI/ Analyticsの
実行環境
理論、データ、分析、ITの組み合わせ

伊藤忠テクノソリューションズが持つ知見

 knowledge

資源・エネルギー

CTCでは、気象やAIを活用したシミュレーション技術、クラウドを含むIT基盤の構築などを通じて、発電・送電・小売から需要家まで、エネルギーに関わるすべてのお客様に応えるサービスを提供します。

 knowledge

土木・建設およびプラント分野

調査・設計、施工、維持管理まで、様々なプロセスで必要となるシミュレーションを長く提供し、技術を蓄積。BIM/CIMをはじめとする最新の多彩なIT技術を取り入れ、お客様の安全性や生産性の向上につながるDXを提供します。

 knowledge

データサイエンス

CTCのデータサイエンスソリューションは、ITとシミュレーション、AI、数理最適化などを組み合わせて課題を解決し、お客様の意思決定を支援します。

 knowledge

原子力・プラント

原子力分野における50年以上の実績と最先端のテクノロジーや最新の情報技術を融合して、発電施設(原子力・火力・水力)の安全評価解析、耐震解析、構造解析、熱流体解析、遮へい・炉心・臨界解析などの解析ソリューションを提供します。

 knowledge

材料・CAE

材料開発から製品設計、製造、寿命評価、再利用にいたるまで、ものづくりのあらゆる工程・領域で、お客様に最適なCAEソリューションを提供します。

よくあるご質問

GXアドバイザリサービスの価格はいくらですか?

お客様のご要望を踏まえて柔軟に対応しており、ご相談の上提示いたします。まずはお問い合わせフォームよりご連絡ください。

Webページに記載の内容以外についても相談できますか?

はい。まずはお悩みの点を伺いつつ、適切な進め方を相談させていただければと思います。

GXやサステナビリティに関するコンサルティング/アドバイザリサービスはよく見かけるが、CTCのサービスの特徴は何ですか?

コンサルティングに加えてITを活用した実行までの支援とシミュレーション技術による定量的な分析・データ活用支援が特徴です。

GXアドバイザリサービス 資料ダウンロードフォーム

GX推進のポイントとCTCの支援事例が分かる資料を公開

こんな方におすすめ‼

GX推進にあたっての支援パートナーを探している。

​​​​​​GXやサステナビリティに関する支援事例を知りたい。

GX推進に必要なことを知りたい。

下記フォームにご記入ください。(1分)
会社でお使いのメールアドレスをご記入ください。
■個人情報の取り扱いについて
入力いただきました情報は、お問い合わせ対応及び各種ご案内、営業活動(電話・メール)に利用いたします。ご同意いただいた上、ご記入ください。上記利用目的の範囲内で、お預かりした情報を利用させていただきます。

なお、弊社は情報セキュリティに関する覚書等を締結し、万全を期しています。個人情報欄にご記入がない場合は、上記に記載したサービスのご提供を控えさせていただきます。なお、予めお客様の承諾を得た場合および法令等の定めによる場合を除き、個人情報を第三者に提供いたしません。ご提供頂いた、個人情報の管理を業務委託することはございません。個人情報のお取り扱いについては「情報セキュリティ・個人情報について」をご覧ください。

■本件に関する個人情報管理責任者
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
科学システム本部 科学営業第3部
部長 添田 朋宏

■個人情報に関するお問い合わせ先
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
科学システム本部 科学営業第3部
trans-simulation@ctc-g.co.jp

伊藤忠テクノソリューションズの科学・工学系情報サイト

 

ページトップへ戻る